読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うどんとお酒とバイクとガラクタとーEn-niの blog

うどんの食べ歩きを中心に 日常を発信します

讃岐うどん まんのうの「山内うどん」を思いながら

 先日から、久しぶりにtwitterを再会しました。どうしても「うどん」と「自転車」の写真には目がいってしまいます。
 そんな時、とても美味しそうなうどんの写真が目に飛び込んできました。「これは名の或る店のうどんに違いない」(笑)、と思い失礼を顧みずに投稿された方に「どこのお店ですか」と聞いたところ、「やまうちです。香川にお店です」との事でした。
 なんと言うことでしょう! 山内(やまうち)うどんは、僕の一番好きなうどん屋さんなのです。
 薪を使って茹でる麺、いりこ出汁がしっかり主張しているお汁、何度食べても僕には最高のうどんです。
 ちなみに、香川県食べログ上位5軒は、「長田in香の香」「谷川米穀店」「蒲生うどん」「上戸(じょうと)」「須崎」とのことです。「上戸」と「須崎」は、まだ言った事がないのでチャンスがあれば言ってみたいです。

 さて、山内うどんは、味もさることながらお店の構えが、またいいのです。
 麺通団による「恐るべきさぬきうどんー麺地創造の巻ー(新潮社)]
では、「人の接近を拒むかのごとく 仲南町・山内」(仲南町市町村合併で現在は、まんのう町)と紹介されています。
 ちょっと内容を紹介すると「・・・・。えーと、32号線を高知の方に向いて言ってなー、財田町に入ったら満濃行く道を左に折れて、途中で線路が右側にくっついて来るけん並んで走りょったら右に入るみたいな道があって、それをピュッと右に入ってちょっと行ってギャッと左曲がってクネクネと山あがったら、ある。」 

 なんのこっちゃ? つまり、ちょっとやそこらではたどり着くの後難しい、山の中のお店なのです。(現在はナビがあるので、そんな事はないですけどね)

香川県仲多度郡まんのう町大口1010
山内うどん

f:id:En-ni:20140802215505j:plain

昨年は、坂出まで輪行して自転車で山内うどんへ行きました。これで自転車では2回目です。